【社労士】今年の本試験問題で「問題誤り」が発表されました。これによる合格ラインへの影響は?

 先月末に、社会保険労務士試験オフィシャルサイトより「択一式」の「雇用保険法 問6」について「解なし」とし「全員正解」とすることが正式に発表されました。

<上記内容について>
発表では「本来正答とすべき選択肢がC(ウとエ)であったが、イとウについて正誤の判断が困難であったと判断したため”解なし”として全員正解とする」とされています。

(詳細はこちら)⇒
http://www.sharosi-siken.or.jp/pdf/01_05_mondaiayamari.pdf

これにより、今回の合格ラインにも若干影響が出てくるのではないかと考えられています。

<アドバイザー(岡崎)的見解>
今回の「解なし」決定により、択一式の救済の可能性があると思われていた「雇用・徴収」における救済の可能性はかなり薄くなった(ほぼ「救済はない」。)と考えられます。

選択式について、「労災」「労一」の救済可能性はかなり濃厚で、かつ、「健保」についても救済の可能性を秘めている点を考慮すると、択一式の総得点で合格者数を調整しようにも「全体的な平均点が最低水準に近い(平成16年・18年⇒どちらも3点救済があった年)」こともあり、総得点を引き下げただけでは、過去最低水準の合格率だった平成25年度(5.4%)を下回る恐れがあります。

しかし、選択式についても「例年に比べると全体的に難易度が高く、平均点が基準点割れをしている科目が多いと考えられる」ため、選択式との併用で調整することを前提とした場合「救済科目を増やす等」の調整が行われるのはほぼ間違いないと思います。

こういった背景から、今回の本試験は<「択一式」は43点(救済なし)・「選択式」23点(労災・労一・健保が2点)>と合格ラインを予想します。(基本的に、本試験後から総得点の予想は変えていません。)

また、詳細の内容については10/21(水)19:00~と10/25(日)11:00~のガイダンス(岡崎が担当します。)でもお話しますので、興味があったら、参加してみてください。予約不要・参加無料です!!
関連記事
バナー フェイスブック  にほんブログ村 資格ブログへ

この記事へのコメント

プロフィール

LEC名古屋校

Author:LEC名古屋校
LEC名古屋駅前本校のブログへようこそ!
LEC名古屋校は、あらゆる資格試験を取り扱う総合資格試験受験予備校です。難関資格にこれまで多くの合格者を送り込み、その高い合格実績は他の追随を許しません。

各種資格試験の説明会、実務家の講演会、講義体験会など、連日イベントを開催しています。

マンツーマンでの資格受験相談も受け付けています。難関資格を取るとなれば、一生を左右する大事なことです。相談者に真剣に向き合い、じっくりお話いたします。

名古屋市中村区名駅3-26-8
KDX名古屋駅前ビル
052-586-5001
※ユニモール4番出口すぐ。
名古屋駅から徒歩3分の好立地です。

月別アーカイブ
資格・講座に関すること、何でも質問して下さい

資格・講座に関する質問、相談、何でも承ります。お気軽にご入力下さい。(公開されることはありません)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
QRコード
QR