fc2ブログ

【中小企業診断士】講師からのメッセージ

LEC((株)東京リーガルマインド)は、昭和54年に設立した、資格試験予備校の“老舗”として、広く世間に知られています。
〜我々のミッション〜
LEC名古屋駅前本校は、資格取得を目標としている方々に、質の高い教材とベテラン講師陣により、多くの合格者を送り出すことをミッションとしています。中小企業診断士資格は社会人がスキルアップするためのパスポートです。最近ではプレジデントでも社会人が取るべき資格として紹介されています 「できる」社会人になるための一歩をLECで踏み出しましょう!

◆特徴
・「ワン・トゥ・ワン」の学習スタイルを志向
 我々は「一人の先生と多くの受験生」というスタイルの講義を志向していません。一人一人の受験生と向き合う「ワン・トゥ・ワン」のスタイルを志向しています。
 その理由は、初めて学習される方は、学習方法や学習スケジュールなどの不安がいっぱいです。短期間で合格に導くには、それぞれの受験生に合った適切な受験指導は不可欠です。そのために、受験生一人一人の「理解度合い」や「進捗度合い」はたまたその人の性格に至るまで把握する必要があると考えています。この考えを実践していくうえでは、 「マス学習」では限界があると考えているからです。

・2次試験指導は、「理解力と文章力」を志向
 我々は世間で言われる“キーワード数”を志向しません。2次試験に合格するためには、当該企業を取り巻く現状を理解した上で、「成長の方向」を明示し、そこに導く為の「問題点の把握・課題の明確化」そして「具体的な改善策」を80分という制限時間内に予め指定された字数内に書ききる力を身につけることです。
 このように言い切る理由は、2次試験は、その後の実務補習をスムーズに行う為の事前チェックとして位置づけていると考えているからです。実務補習では、診断先企業の状況把握力や報告書作成能力が不可欠です。その点を踏まえると、“キーワード”の数が合格を左右するものではないでしょう
 。勘違いないように付け加えますが、キーワード学習を否定しているのではありません。キーワードは確かに必要ですが、合格圏内に入るには、解答の内容と文章力がそれ以上に問われるということです。

・理解力重視の学習を志向
 2次試験合格には、1次で学習した知識が不可欠です。2次試験で必要な1次知識は、単に「知っている(暗記)」レベルではなく、「理解力」レベルが問われます。確かに、暗記だけで1次試験は突破できると思います。受験生の方々は、どこがゴールですか?・・1次試験ですか?・・違いますよね!
 我々LEC名古屋駅前校は、理解力を重視する受験指導に力を入れています。

・ベテラン講師陣を登用
我々は、診断士試験に合格して日の浅い診断士を講師として採用していません。日の浅い診断士講師は、“受験”という時間軸で考えれば“現場感”があると思います。しかし、受験指導には、それが有効であると考えていません。講師として必要な要件は、受験指導歴という経験値だと考えているからです。

◆ 失敗しない学校選び(こんな受験生は失敗する??)

自分にあった講義形式を選びましょう
 資格学校には、「先生1人対大人数」で講義を行う学校もあれば「先生1人対少人数」という学校もあります。「大人数」の場合は、多くの受験生と一緒に学習できるというメリットがあり「少人数」の場合は、先生と濃密な関係が醸成されるので、質問しやすいというメリットがあります。ご自身がどのような講義形式を望んでいるのかを見極めることがとても重要になります。

合格者数気にする方
 我々はこれまで資格説明会を通して、多くの受験を考えている方と接してきました。その中で多くの方が、“合格者数”を学校選びの基準とされています。理由は、他の受験生の中での“位置”がわかるというものです。よく考えてみて下さい。試験の合格基準は、相対評価ではなく、60%以上の得点という絶対基準なのです。

資格学校選びの基準を持たない方
資格学校を選ぶ際には、自分なりの基準を持ちましょう。資格説明会に参加して、自分に合っているのかを見極めて下さい。「多くの受験生が選ぶから」という選び方は危険です。その学校を選ばれた方と、知識レベルが同じですか?理解力は同じですか?得意科目と不得意科目は同じですか?
人それぞれ、学習できる時間数も違えば、考え方も違います。自分に合った学校を選ぶことが診断士資格を手にする近道です。

・テキスト内容を必要以上に気にする方
  どこの資格学校もテキストの記載内容は同じと考えてよいでしょう。経済産業省も診断士協会もテキストに盛り込む内容には触れていません。では、どのようにして作られているのでしょう?それは、診断士試験制度がスタートしてから今日まで行われた本試験問題を参考にして資格学校が独自に作っているのです。ですから、内容はほぼ同じといってよいでしょう。ただ、見やすいとか見にくというのは、あるかもしれませんね。 


◆受講生の声(一例) 

Nさん

既存の教材だけでなく、講師独自の資料や試験合格プラスアルファの知識も提供してもらえたので、より具体的でわかりやすくなり知識の定着ができました。

Mさん

講義が終わった後に先生が勉強方法やコツを丁寧にしてくれます。また、他の受講生の人たちと学習の進捗状況も確認し合えるので刺激になり、心が折れそうになったときもやる気を取り戻すことができます。

Sさん

講義で使うテキスト以外にも日常の仕事でも役に立つ資料をもらえるので、講義内容の理解がより深まります。また、質問に対してわかりやすく親身になって答えていだけるのがうれしいです。 

関連記事

この記事へのコメント

プロフィール

LEC名古屋校

Author:LEC名古屋校
LEC名古屋駅前本校のブログへようこそ!
LEC名古屋校は、あらゆる資格試験を取り扱う総合資格試験受験予備校です。難関資格にこれまで多くの合格者を送り込み、その高い合格実績は他の追随を許しません。

各種資格試験の説明会、実務家の講演会、講義体験会など、連日イベントを開催しています。

マンツーマンでの資格受験相談も受け付けています。難関資格を取るとなれば、一生を左右する大事なことです。相談者に真剣に向き合い、じっくりお話いたします。

名古屋市中村区名駅4-6-23
第三堀内ビル 14F
052-586-5001
※ユニモール5番出口すぐ。
名古屋駅から徒歩2分の好立地です。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示