【社労士】4/4(土)第2弾 社労士実務家講演会を開催しました


社会保険労務士講座担当の岡崎です。


4月4日(土)14:00~15:30 第2弾 社労士実務家講演会を開催いたしました。今回も10名の方が参加して、田村先生の熱いお話に耳を傾けていました。

私も参加していましたが、内容は社労士業界でもなかなか触れられることのないようなお話をしていただきました。さらに、スペシャルゲストとして、「名南経営コンサルティングの大津章敬先生」が来校されました!

大津先生も昨年の9月に講演会をしていただいていたのですが、まさかのサプライズ登場に会場もヒートアップ!講演会も予定時間を10分くらい延長して終了しました。⇒大津先生の講演会内容はこちらの記事をご覧ください。

4月4日 田村先生 社労士実務家講演会 写真


<講演内容>

序章:社労士業界の現状について

【労基法改正法案の閣議決定】

4月3日に「改正労働基準法法案」の閣議決定がされ、主な改正内容は「年次有給休暇を5日必ず会社で取得させること」「企画業務型裁量労働制の適用範囲の拡大」などです。
今回の改正は「残業代ゼロ法案(ホワイトカラーエクゼンプションという)」といわれており、具体的に言うと「年収1075万円以上の高度で専門的な知識や技術を要する仕事を行う人に対して、残業代の支払い義務がなくなるようにする」という内容のもので、先生は「開業社労士としては<労務管理の方法>などを取り巻く環境に大きな変化が起き始めている」とおっしゃっていました。

【社労士としての2極化とは?】
・仕事の優劣による2極化
 大口の仕事がよく入る社労士と仕事がきてもあまり大きなものではないか、ほとんど仕事がない社労士との2極化
・収入の高低による2極化
 年収1000万超の社労士と年収300万くらいの社労士のような2極化
・やりがいの優劣による2極化など
 社労士の仕事にやりがいを感じられるか、社労士の仕事に苦痛を感じるのか?という2極化

第1部:社労士試験受験生時代~開業までの道のり


【社労士を目指したきっかけ】:先生がなぜ、社労士を目指そうと思ったのか?

・「名ばかり管理職」の問題を解決するため(労基法41条(管理監督者の労働時間規定の適用除外に関する判例「マクドナルド事件」をうけて)
・当時、労務コンサルの会社を起業していたが、顧客企業の抱えている課題をすっきりと解決できないことへのもどかしさがあったため。
・リーマンショックの影響で決まっていた仕事が次々とキャンセルとなったことで味わった失望感など

【受験生時代】:短期合格者の先生が取った学習方法とは?

・「●●をやること」を決めるのではなく「●●をやらないこと」を決めるほうが非常に大事なことである。
・受験勉強を始めるときに「目標・計画」を立てること。
・特定社労士に合格するまでが、社労士試験だと考えていた。

【合格発表から開業へ】:合格発表から開業に向けて先生が行ったこととは?

・合格発表直後から主要関係先へのあいさつ回り
・顔と名前を徹底的に売り込む

【合格への最短ルートとは?】:先生が導き出した合格への最短ルートとは?

ずばり、「過去問を徹底的に攻略することが理解と合格への近道で王道である。」というシンプルなものでした。


第2部:社労士としての戦略・戦術など

1.開業前:先生の開業当初の目論見とは?

・ビジネスモデルとして取り組んだことは「人事コンサル」「採用コンサル」「労働トラブル対策(予防(再発防止)と解決)」「キャリアコンサルティング」「セミナー・講演」等
・実際にやってみて、最も力を入れてやったこと(あたりと感じた内容)は「セミナー・講演」だった。
・自己分析(SWOT分析※)を行うことが今後の戦略を考えていく上ですごく役立ってくる。
※「外部要因」「内部要因」「好影響」「悪影響」の4つに区分して自己分析を行う方法で「強み(Strengths)」「弱み(Weeknesses)」「機会(Opportunities)」「脅威(Threats)」の4つの分野に分けて分析をするもので、4つの頭文字をとってSWOT分析と呼ばれている。

2.戦略策定:自己分析を踏まえた上で先生はどのようなビジネス戦略に出たのか?

<戦略>
「労働トラブル(労働者と事業主との間で起こる問題)に積極参入する。」
(理由)
・不景気で相談件数が増加傾向にある。<労働トラブルの要因(リストラや解雇など)となるコンサルは「不景気型」と言われており、不景気になると相談件数が増加するのが特徴。>
・人事・労務制度が全体的に見えるようになってくる。など

<戦術>
まずは、「トラブルに強い社労士」として打ち出して行く。]

<具体策>
労働トラブルに関するサービスメニューを策定し実行する。
(トラブルになりやすい人)
・素直すぎる人
・全く反省をせずに同じことを繰り返してします人など

<現在の戦略>
・真に優良企業を目指すところとのみと付き合う事を意識する。
→上記トラブルになりやすい人かどうかを見極めて付き合う企業を選ぶ

3.顧客獲得術
<4Pの観点から最適な顧客獲得を目指す>
・製品(Product)
レディメイドが出来なければ顧客のオーダーに応える事が出来ない。

・価格(Price)
自分の価格を決定することが大切。「1時間=1万円」といったように自分の価値を自分できめて作りだしていくことが大切。ちなみに、年商1,000万円を目指すならば、1日4万円以上は最低でも稼げるようにならないといけないということ。(250日稼動として計算した場合です)

・流通(Place)
信頼できる顧客・知人・士業等からの紹介という名の流通経路。
ここで言う「信頼できる」とは「紹介する人が紹介先の人の事をどのように思っているか?」ということで、紹介する人が紹介先の人のことをどれくらい大切に思っているかを「信頼できるかどうかの基準」となっている。

・プロモーション(Promotion)
「伝えたい相手」と「伝えたくない相手(いわゆる、労働問題を起こしやすい人のこと)」を明確にすることが大切。

4.クロージング

ポイントは「3つの題(宿題・課題・御題)」で顧客を獲得する事。

・「宿題」とは、顧客が「今」やって欲しいこと(現在化したニーズ)
・「課題」とは、近いうちにやって欲しいこと(潜在的なニーズ)
・「御題」とは、将来的にやって欲しいこと(長期的なニーズ)

第3部:”二極化する社労士業界”と”勝ち組社労

士”と社労士最強伝説

・社労士は実は「士業の中で最高年収」

とある週間経済誌で、平均給料が社労士で855万・弁護士は801万との調査結果が掲載されたように、社労士は世間のイメージを覆すような年収を実現することも可能であるという事。

・社労士は「ポールポジション」に立っている

企業内で起こる様々なトラブルの中でも、社労士が関係する内容が意外なほどに多いとの事。そのため、身近な労働に関するトラブルが起こるたびに、社労士が活躍できるということ。そういう点で、他の士業に比べると出番が多いので、企業から見るとポールポジション(F1において、予選の結果で決勝のスタートポジションを決めるのですが、その中でも一番先頭の位置のことを言う。)に立ち続けているということです。

・勝ち組(価値組)社労士の基準とは

年商1,000万円を超えたら「勝ち組(先生は「価値組」といっています。)」。問題は「中身」が顧客にとって価値のあるものなのか?という部分で考えていくことにある。そして、それこそが「価値」組社労士といえる。

・社労士は持続可能な社会への鍵を握っている

最近の労働に関する問題で最も多いのは「環境不適応問題」です。
これは、労働者が楽しく働くための環境が整っていないため、「精神疾患を患っている人(約300万人)」や「うつ病(精神疾患の患者のうち約100万人いるとも言われている)」になっている人が増えている問題のことです。この問題を解決するために社労士が担っている役割は今後も大きくなってくるため、社労士の仕事の幅も大きく広がる可能性はあります。

最後に:田村先生の社労士としての考え方とは

「従業員満足(ES)なくして顧客満足(CS)なし」
「両方(ESとCS)なくして人と組織の成長はなし」

従業員満足は「働くことを楽しむ心をいかに高めるか」ということです。「顧客満足」はクライアントさんのニーズへの迅速な対応により顧客が感じる満足感です。この2つの満足はどちらか一方だけでは決して成り立つものではない。
つまり、従業員が満足できる(仕事を楽しむことが出来る)職場環境であれば、顧客へのサービスの質が向上するため、顧客も高い水準における満足感を得ることが出来るようになります。逆に、顧客の高い満足感を得るためにどうすればよいかを考えたときに、逆算思考で考えてみると、最終的には従業員満足が高くなければ、実現することが出来ないということにたどり着くということです。
このように、社労士という仕事には、まだまだ、無限大に広がる可能性を秘めていると思います。その可能性を社労士だけでなく様々な士業の先生と協力して広げていくことが、今後の「御題」なのかもしれません。



バナー フェイスブック  にほんブログ村 資格ブログへ

【社労士】第1回 実務家講演会が開催されました

社会保険労務士講座担当の岡崎です。


第1回 社労士実務家講演会を開催いたしました。


第1回 社労士実務家講演会では、「食える?食えない?社労士として生き残るための3つの条件」というテーマで、太田経営労務研究所 代表 特定社会保険労務士 太田 隆充先生に講演をしていただきました。



3/14実務家講演会(写真)

講演内容は、私も参加していましたが、これから社労士を目指す方にとって非常に勉強になるものでした。

講演内容は大きく分けて「社労士の業務内容と実態」「3号業務で社労士が行うことが出来ること」「マイナンバー制度問題」「勤務社労士?開業社労士?あなたはどっち?」「生き残るために必要な3つのこと”LEC”とは?」「社労士として仕事を特化させるなら業務別?業種別?」と言ったテーマでお話していただきました。講演内容のテーマでお話されたことは以下のとおりです。

<社労士の業務内容と実態>

・社労士の業務のニーズは依然として高いものがある
・社労士の業務は主に「1号業務(書類作成・各種手続代行業務等)・2号業務(提出代行業務など)」の独占業務と「3号業務(コンサル業務)」に分かれている。
・理想的な業務形態は「独占業務である1号・2号業務」と「3号業務」を組み合わせた社労士にしか出来ない業務サービスを提供していくことで強みを出していくことに繋がる。

<3号業務で社労士が行うことが出来ること>

・人事制度の制定や見直しなど
・教育訓練(社員研修)
・メンタルヘルスマネジメント
・採用コンサルタント
・労働条件監査(社内の労働問題を解決するための方法を導いたりすること)など

<マイナンバー制度問題>

・今年の秋から始まる制度で、の制度は社労士にとっては非常に大きな影響を与える問題である
・マイナンバー制度を上手に活用したものが「勝ち組」になる。
・これから半年から1年くらいは「マイナンバー制度」の制度・研修に関する特需が起こると予想される。
・マイナンバー制度が導入されると、会社のソフトから社会保険の申請書類を作成できるようになるため、独占業務だけでは生き残ることが難しくなってくるので、1号・2号業務と3号業務とを組み合わせたセット販売をいかに活用するかが重要になってくる。

<勤務社労士?開業社労士?あなたはどっち?>
・社労士の平均年収は約500万~800万円くらい
(勤務社労士について)
・平均月収は約20万円くらいが相場。⇒これくらいの給与で求人を出しても100人くらいの応募が集まる(うち3分の1くらいは社労士の有資格者)ため、あまり給与面を高く設定はしないことが多いらしい。
・平均年収は250~300万円(大手企業などでは400~500万円)くらい。
・応募する際には、「伸びそうだな?」と思えるところを早い時期から見つけること。⇒実際は、かなり難しい。

(開業社労士について)
3年以内に「売上1,000万突破」「事務所を借りる」「パートさんを雇う」の3つをクリアすることを目標とする。その後、「売上1,000万円突破」を果たしたら「売上2,000万円突破」を目指すように、少しづつ目標を引き上げていくようにして、日々の業務を積み重ねていくことが大事。

<生き残るための3つの条件”LEC”とは?>
L=「学び」 士業のような専門家は常に新しい情報を「仕入れ」続けていかなければならない。そのために、周辺知識を広く浅く学ぶとともに、セミナーに参加したり、本を読んだり、その分野の専門家に教えを請うこと。

E=「熱意」 熱意⇒行動⇒評価⇒ピッパッの法則の流れをしっかり意識することが大切。いかにして、「やる気」を「行動」に移すかがポイント。「ピッパッの法則」とは「ピッ」と閃いて「パッ」と行動に移すことが成功に繋がるということをいう。

C=「顧客満足」 「労使トラブル(年間100万件以上)」「手続き」「助成金申請」など事業者のニーズをいかに汲み取って、それをかなえていくことが大切かということ。

<社労士として仕事を特化させるなら業務別?業種別?>
(業務別に特化させること)
「助成金申請の業務のことならお任せ下さい。」といったように特定分野に特化させたサービスを売りにしていく社労士の業務スタイルであり、カバーする範囲が狭いため、成長スピードがはやいのが特徴。

(業種別に特化させること)
「建設業」や「飲食業」のように特定の業種に特化した業務スタイルであり、最近では「介護・福祉業」や「IT業」のように新しい業種においても労働事務組合を結成する動きが活発になっているため、そういった業種に特化させた業務サービスで生き残ろうとする動きが活発になっている。

<最後に>
社労士の仕事は「クライアントに感謝されてお金を頂ける仕事」である。という言葉がとても印象てきでした。どんな仕事でもそうなのだけど、クライアントからの感謝の気持ちがあるからこそ、やりがいが生まれるものだと感じられました。
これから直前期に入りますが、この「感謝」の気持ちを持って勉強していけば、必ず将来的に結果に繋がってくるものだと思います。

バナー フェイスブック  にほんブログ村 資格ブログへ

【講演会(弁理士)】10/13(月祝)15時 超難関年次(2013年短答合格率9%)合格者と合格に導いた人気講師によるプレミアム講演会


 

 

秋の弁理士特別イベント!  ★無料★

 

 

知識ゼロから半年で短答合格を手に出来た!マル秘学習法

   ~超難関年次(2013年短答合格率9%)合格者と

                     合格に導いた人気講師によるプレミアム講演会~

 

 9.JPG

2013年短答式試験合格者&高橋寛明講師

 

10/13(月祝) 15:00~16:30

 

 2013年の短答式試験は、最難関の年。その2013年に、知識ゼロからわずか半年で合格を勝ち取った
合格者に、勉強法をお話頂きます。その方法は誰でも取り入れることのできる方法でした!
弁理士試験にチャレンジしてみようという方、是非この機会にご参加下さい。
すでに勉強中の方、再チャレンジの方のご参加も大歓迎!

 当日の収録はございません。また、ご参加者様による収録も不可とさせていただきます。 

 

 ★ 秋から始めて2015年短答式試験合格を可能とする、オススメコース!

  

短答速習ベーシック+短答速習アウトプットコース(全95回)

 

入門講座

講義編:全26回

演習編:全10回

 入門講座は、「短期間で弁理士試験に合格するために、入門レベルで何を・どの程

度・どのように学習することが合理的・効率的か?」という視点に基づいてカリキュラム

が組まれています。


講義編 INPUT

●〈講義編〉では、知的財産法の基本を学びます。短期間で知的財産法の基礎を学習

 することで、弁理士試験合格のために不可欠な土台を効果的に築きます。

 この講座により、知的財産についての法体系を大きく捉えることができ、以後の知識

 の定着を容易かつ確実に行うことが可能となります。

演習編 OUTPUT

●〈演習編〉では、問題を解くことにより〈講義編〉で学んだことを正しく理解しているか

 を検証し、不十分な点を確認して基礎知識の理解度アップを図ります。また、単なる

 復習にとどまらず、講義編にプラスアルファの知識も加えて解説を行います。

短答基礎力

完成講座

講義編:全30回

答練編:全13回

講義編 INPUT

●短答テキストを使用し、1条からわかりやすく解説していきます。

 本講座では、題意把握や考え方、解答の導き出し方、また短答で出題されやすい

 箇所のチェックを中心とした講義を通して、短答問題特有の知識・考え方を習得し

 ていき、さらに解く際の実戦的解法テクニックも身に付けていきます。

演習編 OUTPUT

●〈答練編〉では、短答の基本問題を通して、短答の考え方・解き方をマスターします。

 ここで解けなかったところは、理解不十分ということですから、解説講義で確認し、

 繰り返し見直しすることで学力向上を目指します。

論文速攻講座

全6回

 この講座では、論文試験突破のために必要なポイント、独特の言い回しのある論文

試験問題を正確に読み解く力、さらに、限られた時間の中で必要事項を整理しかつ答

案用紙に表現するスキルを学びます。 短答試験合格を主眼とした本コースですが、

この講座があることで、短答試験合格後の論文試験対策のスタートをスムーズに切る

ことができます。通信講座なので受講のタイミングは人それぞれ。とにかく短答試験

突破に集中したい方は短答試験合格後に受講すればよく、短答試験対策の学習時間

を邪魔しません。

短答実戦答練

全8回

 各科目多くの問題を通じて、知識の穴をなくすことを目的とした答練です。本答練は、

実際の試験時間と同じ「60問3時間半」で実施されますので時間感覚を磨くことができ

ます。また、本試験の8 倍に相当する演習量を誇りますので、弱点の網羅的な対策を

行えます。正しく理解しているかを検証し、不十分な点を確認して基礎知識の理解度

アップを図ります。
※本答練には解説講義が含まれます。
 

短答公開模試

全2回

 実際の本試験と同程度の問題を本試験と同じ形式で出題します。

また、LECが近年の試験データの分析を行った上で渾身の予想問題を出題します。

最大規模のLECが実施する模試では、短答試験受験生の多くの方が、受講されま

す。そのため自分のポジションを正確に把握することができ、短答試験の最終調整

として活用できます。

 

 

 

上記当日限定! 下記早期価格からさらに、30,000円割引!

 

 

 

<早期割引価格>  2014年9月1日(月)~2014年9月30日(火)

 

短答速習

ベーシック

短答速習

アウトプット

9月価格

(税込)

9月代理店

価格(税込)

講座コード
Web通学(解説Web)302,000円 292,000円

MB15075

+MA15077

+MC15290

Web自宅(解説Web) 302,000円  292,000円

MB15075

+MB15077

+MC15290

DVD通学(解説DVD) 319,000円 309,000円

MB15075

+MA15078

+MC15290

DVD自宅(解説DVD) 319,000円  309,000円

MB15075

+MB15077

+MC15290

 

 

 

<早期割引価格>  2014年10月1日(月)~2014年10月31日(火)

 

短答速習

ベーシック

短答速習

アウトプット

10月価格

(税込)

10月代理店

価格(税込)

講座コード
Web通学(解説Web)312,000円 302,000円

MB15075

+MA15077

+MC15290

Web自宅(解説Web) 312,000円 302,000円

MB15075

+MB15077

+MC15290

DVD通学(解説DVD) 329,000円 319,000円

MB15075

+MA15078

+MC15290

DVD自宅(解説DVD) 329,000円 319,000円

MB15075

+MB15077

+MC15290

 

 <再受講割引  通常販売価格の一般価格より 40%割引>

 ◎対象者: 2001年以降に開講した、LEC入門講座もしくはこれを含むコースの申込者

 ◎必要なもの: 当時の「受講証」

           無くした方は、申込手続きの際、はじめにお申し出下さい。お調べ差し上げます。

◎割引の併用: イベントや説明会の参加者割引のみ併用できます。

           (その他の割引との併用はできません。)

バナー フェイスブック  にほんブログ村 資格ブログへ

実務家講演会(資格、実施日に関係なく、開催が決定した順に掲載しています。)

司法書士 士龍実務家講演会


2/23(日)14:00~15:30 

生講義

予約不要・参加無料 



司法書士というライフプラン

~一生の仕事を決める時~


 


参加無料、予約不要。 どなたでもご参加いただけます!



司法書士を目指すきっかけは人によって様々です。

しかし、それは合格までの大切なモチベーションとなるものです。

また、実際に合格したあと、そこがスタート地点であることにも気付く方は多いでしょう。



愛知県内で司法書士事務所を開業されている早野先生に、

ご自身の経験を基にした職業選択の大切さと司法書士としての現在の業務内容をお話していただきます。

いつどのように司法書士を目指そうと思ったのか、合格後司法書士として行う業務のやりがいはどうかなど、

司法書士を目指そうとしている方に必見の内容となります!是非ご参加下さい! 
早野横jpg
<講演者>

  司法書士早野事務所


司法書士 早野 公輔 先生


 【プロフィール】



  • 平成18年

    司法書士試験合格

  • 平成19年

    簡裁代理権取得

    司法書士登録

  • 平成24年

    LECにて司法書士(全10回)講座担当






3/21(金祝)14:00~15:30 

生講義

予約不要・参加無料 



法律知識ゼロからの挑戦

~理系から見た司法書士の世界~


 


参加無料、予約不要。 どなたでもご参加いただけます!



大学は農学部出身、メーカーでバイオセンサーに関する仕事をしていた坂口先生。

ある時まったく畑違いの司法書士を志し、今では司法書士として独立開業されています。

理系出身である坂口先生を惹き付けた司法書士という資格の魅力は一体なんだったのでしょうか?

そして、難関資格と言われる司法書士試験をどのように突破したのでしょうか。



理系出身の方のみならず、司法書士を目指そうとして迷われている方には

是非参考にしていただきたい講演です。

また、独立開業されてからの実際の司法書士の業務を苦労話も交えてお話していただく予定です。

司法書士に興味がある方、迷われている方、いろいろな立場の方の参加をお待ちしています
【名古屋駅前_司法書士】坂口誓哉
<講演者>

  坂口司法書士事務所


司法書士 坂口 誓哉 先生


 【プロフィール】



  • 平成23年

    司法書士試験合格

  • 平成24年

    簡裁代理権取得

    司法書士登録

  • 平成25年

    坂口司法書士事務所開業





バナー フェイスブック  にほんブログ村 資格ブログへ
プロフィール

LEC名古屋校

Author:LEC名古屋校
LEC名古屋駅前本校のブログへようこそ!
LEC名古屋校は、あらゆる資格試験を取り扱う総合資格試験受験予備校です。難関資格にこれまで多くの合格者を送り込み、その高い合格実績は他の追随を許しません。

各種資格試験の説明会、実務家の講演会、講義体験会など、連日イベントを開催しています。

マンツーマンでの資格受験相談も受け付けています。難関資格を取るとなれば、一生を左右する大事なことです。相談者に真剣に向き合い、じっくりお話いたします。

名古屋市中村区名駅3-26-8
KDX名古屋駅前ビル
052-586-5001
※ユニモール4番出口すぐ。
名古屋駅から徒歩3分の好立地です。

月別アーカイブ
資格・講座に関すること、何でも質問して下さい

資格・講座に関する質問、相談、何でも承ります。お気軽にご入力下さい。(公開されることはありません)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
QRコード
QR